この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

お家で過ごそう「美素肌生活」

緊急事態宣言から2週間が過ぎましたが、皆さまは、いかがお過ごしですか?
私はできるだけ、外出の用はテキパキと済ませ、お家に戻るようにしています。
犬との散歩をいつもより長めに設定し、運動不足を解消したりして、犬は少しお疲れ気味ですが(笑)私はバランスを保っています。

この季節、寒さも和らぎ、外で過ごす日が増える時期ですが、外出自粛要請もあり、思うように外出できず、ストレスが溜まるという方も多くいらっしゃるかと思います。
私にとっても、外出中に見る景色や、立ち寄るお店で得る発見や刺激、お客さんとの談笑から得るものは大きく、大切にしていた時間だったので、とても寂しいです。

でも、今日の我慢は、2週間後の感染者数に還元されるという事で、じっと耐えた分だけ2週間後には感染者数は減り、宣言が解除される日も、より近づくと言い聞かせ今はじっと「我慢すること」を頑張りたいと思います。

皆さんも同じように「いつもの何か」を我慢してお過ごしの事と思います。
中々、骨の折れる事ですが、こんな時は、世に流れるマイナスの空気に流される事なく、限られた環境下でも自分らしくいれる方法を考え、工夫し、日々を大切に送りたいものです。

表裏一体

実は今月は、これから強くなる紫外線が肌に及ぼす影響について、書きたいと考えていました。
紫外線は年々強く、地球に降り注ぎ、肌やカラダにとって様々な影響を与える事がわかっています。
太陽の元で過ごすあの、気だるさの中の開放感や気持ち良さ、とは裏腹に私たちの肌やカラダはかなりのダメージを追うという事、また事後のケアの大切さを、スキンケアカウンセラーとしてこの季節が来るたびに注意喚起しなければ気が済まないのですが、外出できない今、よく考えると紫外線から離れて肌が休める良い機会だと言えると気がつきました。

物事は表裏一体です。

良い事、悪い事は背中合わせに存在しているといってもいいでしょう。
どちらを見るかは自分次第という事です。
私は、悪い面を理解しながら、良い面を見ていたいと思います。

家にいる事で肌が受ける好影響

1年中降り注ぐ紫外線を浴び続ける事により、肌は、乾燥、シワ、シミ等の老化現象を引き起こします。特にこれからの季節は紫外線量が強くなりますので、UVケアは必須です。

そしてUVケアも1日を通してカバーできるように適切な量を塗布、また環境によってはこまめな塗りなおしが必要不可欠です。

そう、実はUVケアとは面倒なケアなのです。
実際は、汗をかいたり、メイクの上から塗りなおしなんて面倒で、日傘があるからいいやと、肌は1日の大半を酷使されて過ごしているのです。
そして真夏よりも、4月、5月、急に紫外線量が強くなるこの時期は、皆さんうっかりUVケアを忘れがちで、思っていたより日差しが強くて、日焼けていた。という相談が多いのもこの時期です。
そう考えると、今年はそんな相談も少なくなるので、皆さんの肌にとっては良い事と言えるでしょう。
お家で過ごすことで「うっかり日焼け」からは開放されるわけですから。
紫外線から離れた生活を送る事は、肌にとってはとても良い時間になっています。

外気・空気の悪影響からの解放

外出中にお顔に降りかかるのは紫外線だけではありません。
電車や車の直撃エアコンにほこりだらけの外気、最近ではPM2.5や花粉などもドンドン肌表面に降り注ぎ、肌上で酸化し悪さをします。
外出を控えている今は、そんな環境下に置かれるタイミングも少ないでしょう。
肌環境が良い状態で過ごす時間が増えますね。
また、外出時にマスクをすることでそれらからお顔をカバーでき、また自らの呼気でマスク内は一定の湿度が保たれ、乾燥防止にも一役買ってくれるでしょう。
そう考えるとマスクをつけるのも前向きになれそうですね。

濃いメイクと不完全なクレンジングとの決別

美容関係の調べでは、日本女性はクレンジングに時間をかけない人が多い事がわかっています。
濃く、落ちにくいメイクはそれだけ肌にしっかりと色づくものが多く、その分丁寧なクレンジングを行いませんと、化粧カス等が毛穴を詰まらせ肌荒れしやすい肌となってしまいがちなんですよ。
外出の機会が少なくなり在宅ワークが増えるほどメイクが薄くなりますから、その分クレンジングや洗顔も行いやすく、肌への負担がかなり軽減できそうです。
スキンケアを丁寧にする時間もたっぷりありますから、結果肌環境は整いやすくなりますね。

日々酷使され、疲れていた肌にとっては良い休日になっていることでしょう。

更に、ココロを落ち着かせ、食事、睡眠と日々のバランスをとれるようにすれば、長い自粛生活もアナタの健康を見直す上では有難い日々となり得ます。
決してマイナスにとらわれる事なく、前向きに過ごしていきたいですね。

ココロとカラダ、そして肌をお家で休める「美素肌生活」で前向きに頑張りましょう。